D15~D17【高温期3日目~5日目】基礎体温ちょっとだけ上昇して一安心【妊活2周期目】の記録

高温期3日目から5日目までの様子を簡単にまとめてアップします。

排卵後からずっと低いままだった基礎体温ですが、翌高温期3日目に無事ほんのちょっとだけですが上がり一安心しました。

この時期は、特に何もできることがなくて落ち着かない時期でもありますよね。

いわゆる着床前の期間でもあるので、これといった変化もないのでまとめて報告させていただきますね。

 

妊活2周期目の高温期3日目~高温期5日目の様子

まずは基礎体温から

  • 15日目 36.56【高温期3】
  • 16日目 36.60【高温期4】
  • 17日目 36.70【高温期5】

じわじわ…じわじわ…と上がっていく基礎体温。じれったいですね(笑)

でも、やっとこ基礎体温が高温期らしくなってくれたので、ほっとしました。

まぁ、それでもほかの人から比べたら低いですよね。大体いつもこんなもんです。これでも高い方なのかな。

 

高温期3日目~高温期5日目の福さん式内診で気が付いたことと体調の変化

それぞれ日ごとに分けて、内診の様子と体調で変化が見られた点をまとめておきますね。

高温期3日目

内診:子宮口はかつてないというくらいきゅっと閉じているように感じる。頸管部分もやわらかいとは感じない。

おりもの:白くてもたっとしたものが多く、どろっとした印象。時々、白いのにぴろ~んと2~3センチ伸びるやつも混じってる(これは見たことがないかも)

体調:夜、あごとこめかみあたりにニキビができる。ここ数年、ホルモンの変化であまりニキビなんて出なかったので、発生数の多さにちょっとびっくり。

高温期4日目

内診:子宮口は閉じてるけど、口があると確認できる感じ。(腫れぼったさがなくすっきりしてるのでわかりやすいという感じ)頸管はこりっとしている。

おりもの:午前中はべたっとした白いやつが多めに出てたのに、夜には水っぽいさらっとした感じの乳液状のおりものに変化。

高温期5日目

内診:子宮口は依然、ぐっと閉じたまま。頸管は芯があって周囲にぶよんとした海綿状の膜があるような…そんな感じ。

おりもの:ほとんどなく、乳液状のものが少しあるだけ。

体調:ニキビがさらに増える(えぇぇ)、おなかや胸にも湿疹のような小さなプチプチがあちこちに発生。時々お腹が痛い。

 

まとめ

とりあえず基礎体温、上昇してよかったぁぁぁあ!

でも、ちょっとニキビの発生がすごいのと、湿疹は嫌ですね。

これまで、あまり高温期にニキビというのはなかったんですが、前周期にちょっと出て、今周期は前回以上に出まくってますね。

これはホルモンの影響なんだろうとは思うのですが、発生数がちょっとw

思春期か?っていうくらいニキビがでてます汗

 

それともうひとつ気になるのが、おなかと胸の周りの湿疹ですね。

これも実は前周期にも同じころにプチプチと出てきていたんですよね。

妊娠後期に、この湿疹のもっともっとひどいやつを経験してるのですが、これもホルモンのバランスとか関係あるんですかね?(ないか)

もしかしたら、前周期も着床仕掛けてて、体の中に違うものが入ってきたことによる抵抗反応みたいなのだったりして。なんて妄想してみたり。

 

あと気になるのが、この時期の伸びるおりものですね。

これもネットで見るといろんな意見があって、妊娠の有無に関係なく高温期に出るという人もいましたし、普段は出ないけど妊娠していたときには高温期の途中でも伸びるおりものが出たという人もいました。

私の場合、これまで高温期に入ってから、排卵期のようにびろんと伸びるようなおりものを見かけたことはありませんでした。

生理直前にぽろっとカスのようなゴム状のおりものが取れることはありましたが、それは頸管栓という頸管内部のふたのようなものらしく、それとはまったく違う状態のおりものだったので少し驚いてます。